慰謝料がもらえる例

慰謝料には大きく分けて入通院慰謝料、後遺障害慰謝料、死亡慰謝料があります。入通院慰謝料は入院や通院などで肉体的・精神的に受けた損失を補償するものです。後遺障害慰謝料は治療しても治らなかった後遺症によって、生活に不自由が生じたり肉体的・精神的な苦痛を感じることに対して支払われます。死亡慰謝料は被害者が死亡してしまった場合に被害者及び遺族に対して支払われる慰謝料です。

これらの慰謝料に共通するのは、被害者が事故によって怪我をしているということです。事故に遭っても怪我がなければ、修理代などは支払われても慰謝料を支払われるケースはほとんどありません。怪我はなくてもPTSDなど精神的な理由で治療が必要になった場合や、怪我がないように見えても時間が経ってから症状が現れた場合にも請求できます。被害者側にも過失がある場合、慰謝料は減額されることもあります。

加害者が死亡してしまった場合でも、慰謝料は請求できます。加害者の加入している任意保険や自賠責保険から支払われるのですが、自賠責保険のみの場合は上限が低く、満額支払われない場合があります。その場合は加害者の相続人や運行供用者に残りの金額を請求することができます。