交通事故で動くお金

突然の交通事故に遭った時、命に別状がなければ次に心配するのはお金のことでしょう。事故の被害者になると、治療費はもちろん、事故で壊れてしまった車の修理代、事故によって仕事ができなかった期間の給料など、たくさんの損失があります。場合によっては怪我が深刻で後遺症が残り、今後の生活に支障が出てしまうこともあります。

交通事故による怪我の治療には、通常の怪我と同じように健康保険が使えます。支払った治療費は、相手側の保険会社が支払いをしてくれます。保険会社はいくらでも支払ってくれるわけではなく、たいていは上限が決まっています。また、過剰な治療と判断された分に関しては支払われないこともあります。

事故車の修理代は、もっともトラブルになりやすい部分です。故障部分の修理の他に、代車費用も含まれます。事故でできた傷だけでなく他の傷まで修理して、わざと高額な請求をするというケースもありますし、事故でできた傷と証明できずに支払いを拒否されてしまうこともあります。トラブルを避けるためには、保険会社や弁護士を介して交渉をし、見積もりの時点できちんと相手に金額を提示するといいでしょう。事故後すぐに、どれが事故でついた傷なのかを相手と一緒に確認することも大切です。

一番難しいのが慰謝料です。治療費、修理代などは実際にかかった費用の分を払ってもらうので簡単ですが、慰謝料は違います。怪我や精神的なショックなどで今後の生活や仕事に出る影響などを予想して支払われるので、弁護士や保険会社によってかなり金額が変わってきます。慰謝料はどのような場合に、どうすればもらうことができるのでしょうか。