請求の仕方

慰謝料を請求するには、病院で治療を受けることが必要です。治療を受けて完治するか、それ以上良くなることが望めない症状固定という状態まで入通院をしてから、相手との交渉をすることになります。入通院慰謝料は期間に応じて、後遺症が残った場合は等級によって相場があります。そのため医師の診断書や病院にかかったという記録が必要になります。

慰謝料の相場は、自賠責保険と任意保険、裁判や弁護士が算出する3種類があり、それぞれ金額がかなり違います。自賠責保険は一番金額が低く、実際の慰謝料が相場より高くても相場までしか支払われません。そのため、不足している分は任意保険や加害者本人が支払う必要があります。

保険会社は支払い金額をできるだけ少なくしたいので、慰謝料の金額を決めるための交渉をしてきます。この時点で弁護士に交通事故対応の依頼をしておくと、交渉を有利に進めることができます。両者が合意すれば示談が成立し、損害賠償額が決定し支払いが行われます。交渉が決裂すれば、裁判所で調停を行い、それでも決まらない場合は裁判を行うことになります。多くの場合加害者側は裁判になることを避けたいので、調停を提案することで要求を受け入れることもあります。